【D|S】刀剣乱舞の同田貫正国を作る。2

3Dいじり
3Dいじり3dでマイキャラ作成Daz StudioMayaZBrush作業記録

この記事は約6分で読めます。

Daz Studio4.8用フィギアとして、同田貫正国を作る。

 

  • 使用ソフト
    • Daz Studio4.8
    • Autodesk Maya 2014
    • ZBrush 4R7

 

前記事

【D|S】刀剣乱舞の同田貫正国を作る。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

20151030_00Create3D8234

体にも傷入れた。

原作同田貫正国↓

刀剣乱舞-ONLINE- クリアしおり 同田貫正国

 

現在作ってる、同田貫正国。

【D|S】刀剣乱舞の同田貫正国を作る。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

ZBrushでZAppLinkした時に、真正面顔で傷を作ってしまったので

真正面にすると傷が直線になってしまう

 

3dだと、真正面顔は簡単にショットがとれるので漫画でも多用するのに

そこで直線になってもらっては傷の迫力が減る。

 

ということで、斜めから傷を入れ直す。

 

角度をつけて書き出す。

眉間から左頬の傷をこの角度でつける。

20151030_00Create3D8196

自分より背の高いのから刀振り下ろされたとか、

突進してるときに食らったけどそのまま突進したとか

向こう傷は気にしない同田貫正国。

 

前回は、テキトーにPhotoshopで傷を作ったんだけど

今回はカスタムシェイプで作ってしまう。

どうせ、この先、刀傷は使うだろうから。

20151030_00Create3D819720151030_00Create3D8198

 

テクスチャを書き出したあとで、Photoshopで焼き込みするので

白黒でかまわない。

20151030_00Create3D820020151030_00Create3D8201

正面にするとこういう傷になる。

 

短い方はこの角度で書き出す。

20151030_00Create3D820220151030_00Create3D8203

傷に対して直角方向に顔を動かさないといけないんだった。

あんまり真正面と大差ないけど、これはこれでいいとする。

 

一つ傷を作るたびに、デバイド掛けたまま、メッシュごとエクスポートしてるんだけど

テクスチャだけ書き出す方法あるのかな?

高解像度メッシュを書き出すのに時間がかかりすぎる。

 

Photoshopで顔テクスチャにかぶせる。

短い方の傷が、眉毛を突っ切らなかったのでもう一度。

20151030_00Create3D8210

 

こんな中まで傷合った。

面倒なので、指先ツールで拭った。

20151030_00Create3D820820151030_00Create3D8209

 

傷に色味をつけた。

同田貫正国20151030_054630

いい感じだと思う。

 

いや、傷の角度を間違えてた……(ここまで来て)

この角度で必要だった。

20151030_00Create3D821520151030_00Create3D8216

さっきのだと、短い方の傷が、横顔で見えないんだ。

上瞼には傷いらないので消そうとして気づいた。

気づいて良かった。

またやりなおすところだったよ。

 

完成♪

 

そんなに彫りが深いわけでも無いのに、上瞼に傷が無い同田貫正国w

眼球まで傷がつきそうなもんだ。

まぁ、眉の上の傷と、頬の傷が一閃で入ったと私が考えてるだけで

二つの傷かもしれない。

そこまで公式図録ではわからないので気にしないことにする。

 

 

ついでだから、狸の体にも傷入れよう。

 

体に傷を入れる。

こんなの、ZAppLink使わなくても、スポットライトで手軽にできるんだった……

とりあえず、気づけて良かった。

20151030_00Create3D8220完成図

必要な部分だけ残してスプリット、デリート。

爪とか顔の部品とかないだけで、すごく軽いメッシュになる♪

 

スポットライトよりPhotoshopでした方がよかったので勉強しなかった。

覚え直しました。

 

Photoshopでこんな傷テクスチャを作る。

515角で作った。

20151030_00Create3D8237

ZBrushのスポットライトの使い方。

↓Photoshopで作った傷テクスチャをインポートする。

20151030_00Create3D823520151030_00Create3D8236

↑矢印の先をクリックして、テクスチャウインドウに表示されたら

右側の赤いわくの右側のアイコンが赤くなる。

この状態で、スポットライトのオンオフをする。

 

スポットライト中に『Z』キーを押すと、『転写モード』に入る。

そのあいだに、メッシュの無いスペースをドラッグすると、メッシュが回転する。

 

ただ、何度もスポットライトを抜けてしまって、拡縮したテクスチャを再度拡縮する羽目になった。

ぐるぐる回しながら、傷を体に転写していく。超便利!

こんなん、アップリンクでしてたらどんだけ時間かかったか!

 

 

ZBrushからUVに跨がった傷テクスチャを書き出す

UVが一緒の部分だけ『シフト Ctrl』で表示させて、

『ポリペイントをテクスチャ』でテクスチャ作って書き出し。顔程時間かからない。

20151030_00Create3D822020151030_00Create3D8221

手足と胴体、それぞれすると、ちゃんと二枚のテクスチャが出来る凄い!

こんな簡単なことだったんかーっ!

 

UV気にせずにテクスチャ作れるとか天国!

PhotoshopCS6Extendedは、この『ぐりぐり回す』ってのがいま一つなんだよねー。

いまだにライトもよくわからない。

PhotoshopCS5Extendedの時の方が使いやすかった。

カメラ方向からライトをつける『モデリングライト』を使いたいんだけどよくわからない。

5の時はいじってたらできたのになー。

 

 

Dazで確認。

20151030_00Create3D822620151030_00Create3D8225

怪我が主張しすぎ。もうちょっと薄くていい。

でも、Dazはデフューズを薄くすると、黒くなるだけなので、テクスチャをいじらないといけない。

 

おうっ! 解像度が足りてなかったらしく、ガタガタである。

20151030_00Create3D822820151030_00Create3D8227

 

やりなおしてもいいんだけど、Photoshopにミラクルを期待してみる。

 

20151030_00Create3D823020151030_00Create3D8229

テキトーに雲模様を掛けて、オーバーレイで重ねたら、輪郭のギザギザが見えなくなった!

輪郭も無くなったけど……

 

20151030_00Create3D823120151030_00Create3D8232

 

怪我、もうちょっと濃い方がいいかな。

20151030_00Create3D8233 - コピー20151030_00Create3D8233

ライトつけるとほぼ飛ぶ。

スペキュラに設定してもいいけど……

 

そこまでの価値はないかな。

20151030_00Create3D8234「あんた、凄い怪我だらけじゃない」

「それがどうした」

こんなときしかいらんからなー。

脚長い……

 

よし、これで完成とする。

 

 

 

他のキャラクターを作った記事

 

一覧記事↓(最新の作業記録が上に来ます)

3dでマイキャラ作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

個別キャラ、作成記事↓

刀剣乱舞

 

TIGER&BUNNY

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/10/30 10:17 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。