Daz Studioのクリーンインストールをする。【Daz Studio4.6】

3DいじりDaz Studio作品制作以外作業記録思考

この記事は約17分で読めます。

GaribaldiやLook At My Hairが使えないし、PhotoshopやHexagonとの連携ができないし、

うっかりPoserファイルまで指定してたからライブラリが邪魔臭いし……

ということで、Daz Studio関連を全部、一端アンインストールして、もう一度インストールすることにした。

 

まだ私もよく分かっていないので、チュートリアルタグはつけない。

あくまで作業記録。

 

調子が悪くなったら、クリーンインストール!

 

ぐちゃぐちゃなにかするより、これが一番綺麗になる。

 

こういうことをよくするから、バックアップの仕方がわからない、コンテンツライブラリのカテゴリ分けが使えないのよね。

メタファイルとかもまだ理解してないし……

ということで、バックアップからだ。

 

そういえば、Daz Studio4.5で簡易に分けたカテゴリわけが、

Daz Studio4.6にバージョンアップしたあと使えなくなってたことに昨日気付いた。

 

 

Daz StudioのMyLibraryのバックアップをする。

前の分のバックアップもたくさんあるけど、とりあえず今回の分のMyLibraryをバックアップする。

130602_D0958

 

MyLibraryの後ろに今日の日付をいれる。

130602_D0959

 

名前が変わっただけで、もうこれは『MyLibrary』としてはソフトが認識しないので

バックアップはこれで完了。

 

Daz Studioのアンインストールをする。

130602_D0962

 

本体を最後にアンインストールするので、他のを先に削除していく。

130602_D0963

 

Garibaldiとかも削除。

130602_D0964

ついでに、調子の悪いHexagonも削除。

 

Look At My Hairは無い……アレ?

130602_D0965

 

↓の方法で、残っているDaz Studioのファイルを全部削除する。

baidu ime アンインストール方法【要るか!】レジストリに残ってるよ! | Create3D

全部アンインストールしたらマシンを再起動。

 

 

アンインストールしたのに、↓こういうのが残っているので

130602_D0969

 

とにかく全部削除する。

130602_D0970

 

Everythingで検索して、全部削除。

DAZ Install Managerも削除。

130602_D0971

 

略語の方でも検索。

130602_D0973

無い。

 

今回削除するのはCドライブのプログラムなので

パスで並べ替えて、CドライブのDaz Studio関連を全部削除する。

130602_D0974

Dドライブはバックアップ、Eドライブはdataなので放置。

 

ごちゃごちゃしていたMyLibrary関連を

130602_D0958

 

今日のフォルダに入れて整頓。

130602_D0976

よし。

 

もう一度マシンを再起動。

 

プログラムのダウンロードをする。

プロダクトマネージャーで『Daz Studio』と、日付で検索したら

↓Daz Studio pro betaが一番新しいらしい。

その下にプロがある。

一応そっちも確認した。

130602_D0966

一番最近にリリースされたベータが4.6.0.15なのに、

その下のプロ版が4.6.0.18

130602_D0967

 

How to Download and Install DAZ Studio 4 (Windows) : DAZ3D Help Center

DAZ Discussion Forum | DAZ Studio Pro 4.6.0.18 General Release, Now Available!

 

プロ版をダウンロードした。

 

こういうときは、プロ版のリリースを、バージョンアップした日付にしてくれると嬉しいんだなぁ。

必要なのはプロ版の初リリース日じゃなくて、バージョンなんだから。

顧客向けはそうしてくれると助かる。

 

まぁ、Dazは新製品を昨日、一昨日の日付でアップするから今さらか。

(多分、申請日がサイトのリリース日になってる。申請からアップロードに時間がかかったときに

 昨日とか一昨日の欄でアップされるんだと思う。だから、新製品に気付かないことがある)

 

アンインストールしている間に落としておいたファイルをインストール。

130602_D0975

 

 

130602_D0977

 

 

130602_D0978

 

 

130602_D0979

 

 

130602_D0980

Daz Studioのインストール完了。

 

インストールしただけのMyLibrary。

スクリプトしかない。

130602_D0984

 

 

MyLibraryをコピー。

これに先程のように『クリーンインストール 最小』と名前を振ってバックアップにする。

130602_D0985

 

 

 

DAZ Install Manager

アカウント作成からもう一度。

130602_D0981

 

現時点でダウンロード可能ファイルは2285。

130602_D0982

 

 

インストールしているアプリケーションを登録。

130602_D0986

Photoshop用ファイルなどは素材集に入れる。

どうせブラシとか、そのまま使わないから。

 

MyLibraryのパスを変更して元のを削除。

赤枠の方にチェックを入れる。

MyLibraryを他に移動させているかたは設定確認を!【DAZ Install Manager】 | Create3D

 

そこ違うよ、とダイアログが出るけど無視。

 

今回考えるのは、Poserファイルをインストールするかどうか。

130602_D0988

↑の設定で、ダウンロードされるファイルは↓。200ほど減った。

130602_D0989

 

Poserは今使っていないので、Poserファイルは必要ない。

 

ただ、うっかりPoserだけ対応のアイテムを買ってしまっている。

130602_D0990

 

 

普通は、Daz StudioアイテムはPoserと、過去Daz Studioに対応しているので

三つのファイルがある。

130602_D0991

『レガシー』ってのが昔のDaz Studio対応版。

これもいらない。

 

最新Daz Studioだけのファイルだと、また300ほど減った。

130602_D0992

 

最初は、↓みたいに、Poserだけのファイルを探そうかと思ったけど

130602_D0990

買った私が悪いんだから、と無視することにした。

↑だけはすでに気付いたので、

↓のインフォメアイコンをクリック。

130602_D0996

 

Dazのドキュメントセンターのリードミーが表示されるので、

130602_D0998

これをあとでインストールするためにページを残して、最新Daz Studioファイルだけダウンロードする。

 

今のところ、ディスク容量は余裕があるので、以前にダウンロードしたものも放置。

130602_D0999

 

今回、バックアップしたファイル、410Gあるらしい……

130602_D1001

 

 

順当にインストールは進んでいるので、記事でも書いてようかね。

130602_D1000

 

DAZ Install Managerのおかげで、こういうクリーンインストールが楽になった!q(T▽Tq)(pT▽T)p

逆に言うと、DAZ Install Managerで管理できないアイテムをインストールするのがいやになった。

 

以前にあちらこちらから無料でいただいてきたものは今はまったくMyLibraryに入っていない。

 

 

備忘録。

  1. GaribaldiとかLook At My Hairとかの、DAZ Install Managerでインストールできないプラグインを他にも見付ける。
  2. それらの最新版をダウンロードする。
  3. それらをインストールする。

 

Daz Studioでインストールされないプラグイン。

130602_D1002

↑のようにインストーラーをよけていたのだけれど、今回のDAZ Install Managerのバージョンアップで

かなりいんすとーるできるようになった。

 

pwtoonとかもインストールできるようになってる!

スゴイ。

 

Genesisモーフも大丈夫。

130602_D1003

 

Daz Studioでインストールされないプラグイン。

HumanSurfaceShader(これ、必要なのかな)

PoseMasterPeoplePack(PoseMaster本体はできる)

Look At My Hair

Garibaldi

D3DGenXupgrade(今はいらないのでインストールしない)

 

 

 

 

あれ? aniBlocksもできないの?

130602_D1004

つまりは、aniBlocksはレガシーに入っているのかな?

他のプラグインも、レガシーならできるのかな?

第四世代のまま、Genesisにバージョンアップしてないものも、リストアップされないのかな?

 

 

今回のインストールが終わったら確認。

 

フォトショッププラグインも両方インストールされる設定になってる。

これ、どこかで分けられるのかな。

130602_D1005

自分に必要な方だけチェック。

 

全部ダウンロードする設定で、必要ないのだけ×クリックして外そうと思ったら

×押すたびに上にスクロールされるので、一個一個ダウンロードするのを指定していくことにした。

130602_D1006

 

↓こういうのが、どっちが必要なのかわからないので、一端ダウンロードして、確認してみる。

130602_D1007

 

 

クリーチャーモーフがあった。無料だったのかな、買ったのかな。

130602_D1008

 

Victoriaの男性テクスチャ♪

130602_D1012

ヴィクトリアを男にするモーフがあって、勿論男のテクスチャもあった。買った。

Michaelが、本当に男男した顔をしていたので、美少年を作りにくかったのね。

 

サイトトップにいるこの絵の左の人、それで作った。右の子供はMichael4。

ああ、これ、Daz Studioで作ったって書いてるな。Poserで作ったのに。

そうそう、けっこうDaz Studioで作った絵が増えてきたので、このトップ画像も作り直そうと思ってるんですよね。

四月頭に思ったんですけど、後回しにし続けている。

 

この頃は、↓のモーフ++を買わないと、顔を変えられなかった。

130602_D1013

しかも、けっこう大変だった。望みの顔にはならなかった。

けど、その頃は、私がポリゴンを扱えなかったので、顔を変えられるだけ天国だと思ったね!

まだDaz Studioじゃなく、Poser使ってたし。

 

その二カ月ぐらいあとに、Daz Studioが4になって、Genesis登場!

顔が変えられるよ! 簡単に! 

女性の服を男性に着せられるよ! 簡単に!

ってので仰天した。

ちょびっとだけ第四世代をかじったおかげで、そのありがたみが凄く判った。

 

↑のモーフ++でMichaelの顔を好みに変えてる最中だったけど

そんなものポイだよね。Genesisで、Michael4のシェイプ買って、さっさとキースさん作ってた♪

【Daz Studio4】キャラ作成。タイバニ キース、イワン、バーナビー、虎徹【全裸】 | Create3D

この頃のキースさん、ちょっといかつい。

ゲルマン系のあの、眉毛が目にかかってるのを表現しようとして超大変だった。

瞼の肉を膨れさせて、そこに強引に眉毛を書いている。

 

モーフ++は二カ月経っても思い通りの顔にはならなかったけれど

Genesisは2時間ぐらいでこの顔になった。マジ便利♪

 

今、↑みたいな下瞼ぷっくり(涙袋)を作ろうとすると、老けて見える。(ル・アさんがそれで足止めになってる)

何かダイヤルが変わったのかな。

これはM4で、今、ル・アさんを作っているのがM5だからかな。

目の周りのポリゴンが違うんだろうね。

 

ル・アさんはM4シェイプで作り直す。

 

多分、基本的に、モーフのダイアルが、そのシェイプを作った時期の物が最適なんだよね。

 

だから、M4には当初のモーフが良くて、M5には合わないんじゃないかと思う。

M5にはM5発売移行のモーフの方がいいんだわ。

たって、そんなの、ダイヤルだけ見てたらわかんないしなー……(T_T)

 

そういえば私、M5よりM4の方が好きなの忘れて、M5でル・アさん作ってた(笑)

Daz Studio4 Michael5 いじった。1 | Create3D

Daz Studio4 Michael5 いじった。2 | Create3D

 

 

 

この頃に作った、服の一覧↓

「【キース】しかいない着せ変え♪2【3D】」/「晶山嵐」の漫画 [pixiv]

この頃は、まだDazであんまり服とか買ってなくて無料アイテムをいただきにまわっていた。

 

サイトをめぐってアイテムをいただいてくるのは、シムズの頃の経験があるので、かなり早い(笑)

で、結局、10ギガぐらい、無料アイテムでMyLibraryを埋めつくしたところで、

Dazの新製品を買ったとき

 

あ、

やっぱり有料品がいいわ。

 

ということで、次のDaz Studioのリインストールで無料アイテムを削除した。

それから、Dazのアイテムを買いあさったんだわ。

 

有料品の方がいい点。

  • ポーズが豊富。
  • テクスチャが美麗。
  • Dazがサポートしてくれる。(必ずわかるまで返事をくれる)

 

ポーズが豊富、ってのはフィギアのポーズじゃなくて、アイテムのポーズ。

ナイフとか、M4のゼロ位置の右手の位置にセットしたポーズしか無い場合がある。

というか、ナイフをロードしたら、その位置に出てくる。他のは無し。

今は、アイテムをゼロ位置で読み込むスクリプトとかあるの知ってるから対処できるけれど、あのころはできなかった。

 

そして、アイテムを、ゼロポーズの時に持たせる、という感覚が無かったので

ポーズを取ってからナイフを呼び出すと、あさっての方向に出てくるので持たせるのがとにかく大変だった。

で、そういうアイテムって掌の中で回転させたら一瞬でどこかに言ってしまう。

(ゼロ位置がはるか彼方にあるから、そこを中心に回転するため)

 

Daz Studioで買ったものはそういうことが無い。

フィギアごとにゼロポーズで出てくるし、座標のゼロ位置で出てくるポーズもちゃんとついてる。

シリーズは判りやすいし、わからなかったらDazにメール送ったら必ず返事をくれる。

 

レンダロに問い合わせたら、一回目の返事は毎回貰うんだけど

「今、ベンダーに問い合わせているから待って下さい」のあとの連絡が一年間無い。

他にも、二回目の問いあわせに返信が無いことがある。

 

これは英語問題で、私の下手な英語を理解できなくて放置されてるんだろうとは思うんだけど

Dazはとにかく返信をくれる。あさっての方向の返信だとしても、必ずDazの返信で終わる。

で、評価をせずにいたら、評価してね、と確認が来る。

 

こういうのは本当に、精神的ストレスの問題だから、気にしない人はどうでもいいんだろうけど

私がDazにへばりつく理由の一つでもある。

 

あと、Dazが好きな理由の一つに

Dazのアイテムを使ってレンダリングした2D絵は、無条件で商用利用が可能、ということ。

レンダリングした絵で有料の電子出版作ろうとしている私には、これが必須。

 

レンダロはそこがベンダー別なんだよね。

毎回リードミーで確認しなきゃいけない。面倒臭すぎる。

 

無料アイテムも、勿論、レンダリングを商用に使っていい、ってのだけダウンロードしたけれど(それでも膨大な量)

上記のポーズ問題とか、色々あって、一切集めるのをやめた。

 

個人のサイトさんのも集めてたけど、その『商用問題』を思いついたときに一端全部捨てた。

そして、商用問題について書いてない場合は全部非、商用オンリーとして、ダウンロードしてない。

その確認も、毎回面倒臭い。

 

ダウンロードしないと中身がわからない。

その時間がもったいない。

 

勿論、無料配布してくださっているかたがたに、有料配信しているDazやレンダロのように

多角度から判りやすくスクショで見せて、なんて言う気もさらさら無い。

だからこそ無料なんだから。

 

有料アイテムは、とりあえず、最低限はクリアしてくれているから何も考えずにダウンロードできる。

時間を使うより金を使う、という方針にした。

お金はかかるけど、上記のストレスが全部なくなって、快適。

 

 

そのしめが、今年の二月の、プラチナアイテム半額セールで

三日掛けて、プラチナアイテムを600個買ったこと(笑)

プラチナアイテムだけで六万円とんだよ。

でも、普通に買ったら12万円だもの。買うでしょ!

 

その時の私のあわてぶり(笑)↓

【DAZ】うっかりカートに200個入れてしまった…… | Create3D

 

このときの買い物は、レート80円ちょっとで来てた。

今買ったら100円で来るんだもんな。

ゾッとするわ。

 

もう円高にはならないだろうから、今から考えても仕方ないけど

あの時、病気みたいに『今買わなきゃ!』って焦ってたのは

多分、この為替が頭にあったんだろうね。

 

えっとね……このとき、というか1-3月で、30万円近く、Dazに使ったんだ(笑)馬鹿だろ、と自分でも思う。

もう、たいがい欲しいものは買っちゃったので、今は静観モード。

 

あとは、レンダロの食べものシリーズと、チャックやボタンが開く服を狙ってる。

まだ、『最初の買い物割引』を使っていないので、最初に大量に買う予定。

35%割引だったかな。レンダロがそんな割引することまずないので、

多分、10万ぐらいそこで使う。

 

と思ってるから、なかなかレンダロを覗きに行けない(笑)

とりあえず今困ってないから10万円使いたくない。

割引が効くのに、どうせ買うものをあとで買う、という選択肢も無い。(きっぱり)

あとになればなるほどプライムアイテムが増えるかもしれないんだから、10万円使いたいときに三日ほど掛けて買い物する予定(笑)

レンダロシティでのアカウントの作り方。 | Create3D

 

それと、レンダロにはDAZ Install Manager無いから、手作業インストールになる。それがもう面倒。

前は、Daz Studioよりレンダロの方が、フォルダ移動だけで済むから、インストール楽だった。

 

10万円分買ったら、多分300個ぐらいアイテムあると思うんだ。

300個のフォルダを開くと思うだけでもゾッとするわ。

 

ちょっとずつ買えば? とは思うけれど

35%割引でたくさん買いたい。だから今は買わない。

 

去年までは、キースさんとかを始め、アニメのパロディーをDaz Studioでやりたかったから

どうしても、そのキャラが着ている服の型に近いものがレンダロにしかなくて

買おうとリストアップしてたんだけど

今はオリジナルが主眼になったからそれが必要なくなった。

 

オリジナルなら、『あるアイテムに話の服飾を合わせる』のでいい。

勿論、我慢できない部分は自分で作るけれど、そんなこだわりがある部分って相対的には少ない。

 

私のオリジナルキャラでディアブロに乗ってる人がいる。

(3dに手を出す前に作った小説のキャラ)

ディアブロが有料アイテムでも無いのね(笑)

 

元々、ディアブロにした理由は、テスタロッサ程メジャーじゃない高級スポーツカー、って言うものだったから

ディアブロじゃなくていいんだ。

小説の中で、ディアブロを廃車にして、Dazで買える車に乗り換えればいい。

 

そういう風に、先にDazのアイテムありき、で話を進めたら、私の手間は格段に減る。

 

私は、アイテムを作りたいんじゃない。

話に必要な絵を作りたいんだ。

 

絵が目的なんじゃなく、話に沿った絵が必要なんだ。

その先には、小説の挿絵とか、ゲーム用の絵とか、色々ある。

 

話を作るために絵がいる。

だから、なるべく絵を作るための手間は減らしたい。話に注力したいから。

ただし、目的のアイテムが無ければ作る。

 

そういう観点で、今、ル・アさんの髪の毛を作っている(笑)

 

でもね、『アイテムを作る』ってのは最終手段。

できれば買って済ませたい。

 

待てば待つほど新製品は出るから、その中に合致するアイテムが出てきてくれることを祈るのみ。

 

------------------------

DAZ Install Managerの話にもどる。

 

結局、手作業で↓こういうのを外していく。

130602_D1009

Genesis以外のベースフィギアは基本使わないのでインストールしない。

 

130602_D1010

 

貧乏性の私は『買ったのにもったいない』って言葉がぐるぐるまわるけど

実際、ここ一年、一度も使ってないし、今後も使わないんだから。

130602_D1011

第四世代のフィギア達、ありがとうございました。

すっごい絵の作成がはかどりましたよ。

今後はあなたがたの後継フィギアを使わせていただきます。

 

ありがとう!

 

 

二時間かかってもインストールが終わらないので、

130602_D1014

ごはん食べて、取り溜めしている録画を見てくる。

 

で、色々整えたあと、もう一度カタログのためのスクショを撮って(予定二時間)

カタログを作ってしまう。

 

もうカタログを作る手順は押さえたのであとはルーチンワークになる。

 

あ、忘れるところだった。

 

インストールが終わったあとにすること。

  1. aniBlocksの確認。
  2. aniBlocksのオフセットファイルを追加。
  3. DAZ Install Managerでインストールできないプラグインをインストール。
  4. それぞれのアイテムの確認。
  5. カタログ作成。

 

 

よし。

 

 

Enjoy!!

 

2013_06_02(日) pm01:24

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。