【Gmail】非急ぎメールに新着表示をつけない方法。

他のソフト

この記事は約2分で読めます。

Gmailでメール管理♪

いろんなダイレクトメール。
宣伝はいらないんだけど、読みたいものも当然ある。

ブログの新技術導入とか、見逃すともったいないことがある。
でも、全然『新着!』で読みたいわけでも無い。
時間がある時に、適当に読めればいいんで、
新着メッセで教えてもらいたくない。

そういうときのフィルタの使い方。


 
↓そうしたいメールを開き『その他』をクリック&フォールド。

『メールの自動振り分け設定』をクリック。

↓の通り、何も触らずに、『この条件でフィルタを作成』をクリック。

アマゾンとか楽天から来るメールは
『送りました』とかは新着で欲しいけど
オススメとか、読みたいけど新着表示いらない
そういうときは『件名』や『含む』などに要らないメールの語句を入れる。

「Adobe Photoshop Elements 11 Windows/Macintosh版」 ほか アドビおすすめタイトル』

↑こういうダイレクトメール。
一応、ソフトの新着を教えてくれるので、チェックはしたい。

こういうときは、この系統のダイレクトメールに共通して入っている
『おすすめタイトル』をキーワードにする。

↑こういう感じ。

ツイッターのフォロー通知も新着でいらない。
ツイッター いらない メール

違うタイトルで来るたびに、とにかくこれを繰り返す。

次のページで『既読』にチェック。

すると↓未読のメールも既読扱いになって、新着に表示されない。

↓Gmailのアイコンにも数字が入らない。

『既読』をチェックしたところで『ごみ箱』にチェックすると
受信トレイに入らず、そのままごみ箱に。
『ラベル』をチェックすると、友人とかの名前で即座にラベルがつけられます。

問い合わせ専用のメールアドレスを設定している場合は
返信定型分を作って設定すると、
「お問い合わせありがとうございました。
 後ほど、担当者がご連絡差し上げます」
とかのメールを即座に返すことができる。

友人でも『メール届いた~』と言う人には
これで「メールありがとうっ!後でまたメールするね』と返すのもアリ。

最初めんどくさいかもしれないけど
メールが来るたびにこれを設定しておくと
いつのまにかメールに煩わされることが無くなる。

仕事のメールを待ちながら仕事してるのに
メール来た! と思ったらダイレクトメールだった時のあの
集中力の乱され方ったら無い。

メールは仕事のツールであって
メールに振り回されてはいけない。

Enjoy!!

=== 天川和香 === あまかわわか ===_Waka Amakawa_===
2012_12_16(日) am09:40

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。