【3Dで日本刀を作る】変なラインの特定。歌仙兼定。【Daz Studio4】20201113

3Dいじり3Dを自作するDaz Studio作業記録

この記事は約2分で読めます。
Autodesk Maya 2014で作った『日本刀歌仙兼定』を
Daz Studio4でセッティングし、
DAZ3Dで販売するアイテムに仕上げる。

 

 

DAZ3Dで、この日本刀の販売が決定しました♪

是非、あなたのパソコンで見てください。

 

 

 

 

このシリーズの他の記事。

歌仙兼定の刀を作る | DAZ3DでCreate3D-3d。CG制作作業日記



 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

 

レンダーサブデビが1だったので3にしてみたけど

この項目がグレーアウトだから、意味がないかな。

 

このラッカーメッシュは、鞘のジオメトリシェルなので

シェルは単独でサブデビ上げられないっぽい。

 

いっそ ↓ これでいいんじゃない?ww

すごい、面白いテクスチャだよねぇ。

 

というか、白い斑点がメタルに見える。

メタル設定はしてないはずなんだけど、したのかな?

 

変なラインが、入ってないっぽい!!

レンダリング設定の問題かい!

いや、見えそうだ。

 ↑ 入ってる。

今まで確認したこと。

 

  • バンプやノーマルを外しても、このラインがでる。
  • ディスプレイメントを外すと出ない。
    • 必要な凹凸も出ない。
  • デスプレイメントのテクスチャには、このラインは入っていない。
  • レンダリングサブデビジョンを上げてもラインが出る。
  • ラッカー用プロップを非表示にすれば出ない。

ヒカリの加減で出てる?

 

つまりは、内部反射で、印籠刻みがこっちがわにずれて見えてる。

ヒカリの加減なら角度を変えたら出ない筈。

出てる。

真上からだと見えない。

やっぱり、斜めにしたための、なんかの反射なんだわ。

うーーーー!

気にしない!

 

【この記事を書いた日 2020/04/11 21:08 】

 

 

 

 

-天川 和香— AMAKAWA Waka —A_Waka-

シリーズ一覧記事。↓

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。