【Daz Studio4.6】アントニオ・ロペスを作る。1【ZBrush 4R6】

3Dいじり
3DいじりDaz StudioZBrushシリーズ最初作業記録漫画用レンダリング

この記事は約3分で読めます。

キャラ一人じゃ漫画作れないので、小物より先に人数を増やす。

 

胸毛チラリがチャームポイント♪ アントニオさん♪

タイガー&バニー DXフィギュア1 アントニオ・ロペス  単品 バンプレスト プライズ

 

ライアン作ったときに、公式の体格無視したので(笑)↓

000

アントニオさんも、Daz Studio4.6で作りやすい肉体美でやる。

とりあえず、191センチのゴリマッチョを目指す。


ライアンを作ったときの漫画用基本顔から整形する。

20140626_D  Create3D 223420140626_D  Create3D 2235

ライアンのマテリアルを当てるとこんだけ変形する。

 

眉毛を水平にしたあとで口を大きくしたので

ここでは先に口を大きくしたのを作る。

20140626_D  Create3D 223920140626_D  Create3D 2238

これを釣り眉でか口の基本とする。

 

ここからアントニオさんを作っていく。


  • 目を小さくする。
  • 目を吊り眼にする。
  • 輪郭をごつごつさせる。
  • 頬骨をZ軸で張り出す。
  • 眉を太くする。
  • 目を濃い緑にする。

 

Genesisの販売モーフだと、頬骨を大きくすると、X軸で大きくなっちゃうのね。

そうなると顔がごつく見えちゃうの。

ゴツイ人なんだけど、

頬骨を尖らせて前に突き出すモーフは無いのね。

 

そういうのはモーフ探してると邪魔臭いので、ZBrush 4R6で一気にやってしまう。

 

眼球だけは、Daz Studio4.6で変えていかないと面倒なので、

目と鼻の位置はこちらで揃えていく。

20140626_D  Create3D 224020140626_D  Create3D 224120140626_D  Create3D 2242

 

 

ライアンのテクスチャを使ってるからフィットしないのはまぁおいといて。

20140626_D  Create3D 224520140626_D  Create3D 224620140626_D  Create3D 2247

ゴツゴツさせようとして、そぎ落としてしまったから、『筋肉』が感じられないんだよね。

細いんだ。

あと、瞳と鼻と口がもうちょっと小さくていい。

 

 

20140626_D  Create3D 224420140626_D  Create3D 2248

顎を下げて顔の真ん中を潰した。

 

20140626_D  Create3D 224920140626_D  Create3D 225020140626_D  Create3D 2251

 

左、ビフォー、右、アフター。

20140626_D  Create3D 224620140626_D  Create3D 2249

顔の真ん中を潰して、顎をがっちりさせた。

他は触ってない。

 

泥臭いガッチリさが出たと思う。

 

123

 

テクスチャを作る。

 

その前に肌色を整える。

公式画像から色をもらった。

5

  • 眉毛の高さをテクスチャに合わせる。特に眉頭。
  • 頬骨の上の影を消す。→下を急角度にして上をなだらかにする。
  • 眉を思いっきり反り返らせる。
  • 耳の下からエラまでを垂直にする。
  • 鷲鼻のカーブを下げる。
  • 無表情の状態で、眉間に皺が寄っているようにする。
  • 眉を下げる。

 

  • テクスチャ
    • ひとえにする。
    • 眉毛。

7

↑うっかりと目をポイントアットしたまま書き出したら

↓どうしようもないことになった……

20140626_D  Create3D 2252

 

↓ZBrush 4R6では両目ちゃんとしてるのに、Daz Studio4.6で目を動かすと↑になる。

20140626_D  Create3D 2253

 

------------------------

 

------------------------

エンジョイ! & サンキュー♪

2014_06_26(木) am11:56

 

 

 

BLESTAR ZBrush ベーシック

私が買った、ZBrush 4R6の参考書。 | Create3D-3dCG制作作業日記

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。