【3Dで日本刀を作る】歌仙兼定。販売用プロップの確認。【Daz Studio4】20210726_061916

【3Dで日本刀を作る】歌仙兼定。販売用プロップの確認。【Daz Studio4】3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するDaz Studio作業記録

この記事は約3分で読めます。
Autodesk Maya 2014で作った『日本刀歌仙兼定』を
Daz Studio4でセッティングし、
DAZ3Dで販売するアイテムに仕上げる。
 

 

 

 

 

アセットメニューをグローバルメニューに出す。

 

Daz Studio4のアセット登録を

いちいちツリーから選択するのが物凄く面倒!!!

 

 

アイコンがあった方がいいので作る。

【Daz Studio4】初期設定 3 メニューアイコンを設定する【動画説明あり】更新日 2019/10/07 | Daz StudioでCreate3D。CG制作作業日記

  • 『フィギア・プロップ アセット』
  • 『scene アセット』

この二つを、グローバルメニューに配置した。

これで、作業が格段に楽になる!

各プロップのマテリアルを登録し直し。

各プロップを確認していたときに、

マテリアルの登録も同時にしていた。

鞘と刀身をウエアラブルからロードする。

『日本刀全体』はセットアップできたので

鞘と刀身をウエアラブルから取りだしてセットする。

 

なぜ『日本刀全体』から『鞘』と『刀身』を作らないのかというと

『グループ構造が違う』から。

 

『前の鞘と刀身』を照らし合わせて

『日本刀全体』のプロップを作り上げるにも

とにかく、『ウエアラブルから鞘と刀身』をロードする必要はある。

 

それに、すでにポーズでウエアラブルされている『鞘と刀身』は

グループの『ゼロ位置』を変更している。

 

これを、今から、新規のグループで位置を設定しようとすると

結局、『前のプロップからコピペ』する必要がある。

 

ここらへんを、前にやったときに、

数値で残しておけば良かったとも言える。

仕上がった、と思ったときに、数値はメモしておく。

仕上がらなかったときにも

『これはもうテストしなくていい』というために

数値はメモしておいた方がいい。

鞘と刀身のロードはもうやってた。

【この記事を書いた日 2020/08/31 17:41 】

【この記事を書いた日 2020/09/01  3:05 】開始

 

-天川 和香— AMAKAWA Waka —A_Waka-
 
 
 

 

 

DAZ3Dで、この日本刀の販売が決定しました♪

是非、あなたのパソコンで見てください。

 

 

 

 

このシリーズの他の記事。

歌仙兼定の刀を作る | DAZ3DでCreate3D-3d。CG制作作業日記



 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。