【Daz Studio4】日本刀を使うポーズを作る5。歌仙兼定。

3DいじりDaz Studioポーズ作成作業記録

この記事は約4分で読めます。
Autodesk Maya 2014で作った『日本刀歌仙兼定』を
Daz Studio4でセッティングし、
DAZ3Dで販売するアイテムに仕上げる。

 

 

DAZ3Dで、この日本刀の販売が決定しました♪

是非、あなたのパソコンで見てください。

 

 

 

 

このシリーズの他の記事。

歌仙兼定の刀を作る | DAZ3DでCreate3D-3d。CG制作作業日記



 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

 

静止ポーズのペアレンツは無問題。

刀自体は、ペアレンツしようが外そうが、位置は動かない。

右手が下から握ってる。右手が上から握ってる。

この『キーフレームの間』でなぜか、『刀が跳ねる』ww

刀の向きは変わってないのに、なぜ、タイムラインの間で刀が動くんだろう?

ペアレンツを左手から右手に変えたからかな。

こういう、意図しない動きをされるので、

動画を作るのはちょっと手間がかかる。

 

今回は、動画作成ではないから修正しないけど。

 

この場合の修正方法は、 ↓ キーフレームの中間のフレームで

刀を前のフレームと同じポーズを入れれば落ち着く。

 

  1. 前のキーフレームで刀を『アイテム メモライズ』する。
  2. 真中のキーフレームで刀を『アイテム リストア』するだけ。
  3.  

ガタガタ動くなら、この間のフレーム全部で『メモライズ、リストア』すればいい。

こういうのは、キーフレームを入れていって

最後に調節するといい。

両手で、刀を握る。

左手も、上から鞘を握る。

アレ? 失敗スクショがない。

 

この時、

  1. 両手で下から捧げ持つ
  2. 右手で柄を上から握る。
  3. 左手も鞘を上から握る。

この三つを、キーフレームに入れようとしたんだけど

うっかりと、二つ目のフレームで、

ポーズ登録はしたけど、左手も鞘を上から握ってしまった。

 

なので、三つ目のキーフレームにも同じポーズを入れて

二つ目で左手を元に戻そうとしたのね。

 

二つ目に、一つ目の左手ポーズをコピーしようとしたらうまくいかなかったの。

なぜなら、『ポーズコントロール』で手の動きを作っていたから。

右手が開いてしまった。

 

大昔に買った、『ポーズマスター』でどうにかなるかと思ったけど、ならなかった。

ポーズのコピー方法1

『ポーズマスター(有料スクリプト)』を使う。(ダズで販売終了)

普通はこれで自由自在にポーズを調整できる。

 

この時、2フレーム目に、1フレーム目の右手ポーズをコピーしようとしていた。

『ポーズコントロール』を使ってはダメな理由。

スクリプトでコピーができない。

 

ポーズで登録したときに、

『ポーズコントロール』を含めると、

そのポーズは再現できるんだけど

こういう、スクリプトでコピーしようとしたときに、

『ポーズコントロール』のポーズは、再現されない。

 

それを思い出して、左手は、パラメータだけで刀を握らせていた。

ポーズのコピー方法2

2フレーム目に、1フレーム目の左手ポーズをコピーする。

 

左手ポーズは、『ポーズコントロール』を使っていないので、

スクリプトでコピーできる。

左肩を選択して、

1フレーム目のポーズを登録していたポーズアイコンを

コントロールキーを押しながらロード。

『ノード nodes』を『Selected セレクティッド』にして『Accept アクセプト』。

これで、2フレーム目の、ポーズを戻せたので

先に進む。

 

ただ、書いてる私も、ナニがなんだかよく分からないw

 

とにかく、右手はもう一度、

『ポーズコントロール』を使わずに、ポーズし直した。

【この記事を書いた日 2020/11/13 10:41 】

 

-天川 和香— AMAKAWA Waka —A_Waka-

シリーズ一覧記事。↓

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。