【DAZStudio4】虎徹さんの服作成 10 セッティング&レンダ

3DいじりDaz Studio

この記事は約3分で読めます。

DAZStudio4で小物をフィギアにセッティングして、
買ってきたパブを呼び出して、
フィギアを座らせて、レンダ。

---------
■ アクセサリをフィギアにセットする
---------
ゼロ地点にインポートされたアクセ。

一度アセット登録しているので、虎徹さんにフィットされていて動かない。

↓フィットされている状態。

↓ノーンに変える。

あとは普通に、腕まで持っていく。

このとき、二つをヌルに入れておくと
同時に同じ場所まで持って行けます。

↓この状態で二つを選択してパラメータ移動しても
一緒には動いてくれない。

任意の場所まで持っていくと、塗るから出して個々にセッティング。
ヌルは削除。

虎徹さんの顔のシェイプを変更。もうちょっとアニメっぽくなったと思う。

虎徹さんの体型も、アニメに合わせてガリにしました。
服脱ぐとさらに気持ち悪い……(膝潰れてるし)

これは、太股をもうちょっと長くしたらマシになるかな。

↑↓この差なんだろう。スクショとってるけど、わかんない。
ウエストは細くなってるけど、なんで?

アレ? ベスト、こんな短かったっけ?

この時は気力がわかなかったのでD-Formでなんとかしようとしている所。

D-Form1で裾を延ばす。

変になるので元に戻して、

拡大しながら延ばす。

D-Form2と3を脇に設定してウエストをくびれさせました。

---------
■酒場に虎徹さんを座らせる
---------
オイ。

なんだ、どこで剥かれたんだキミ!

これぐらいのポーズ確認したやん?
あの時、破れんかったやんかっ!
なんで? なんで今破れてんのん?

フィットはしてる。

D-Formのせいかと外してみても同じ。

スムージング掛ける。

この角度はいいけど

胸が破れてますねん。

なんで、スムージングかけて虎徹さんに衝突設定してるのに
余計に破けるん?
胸は虎徹さんじゃないのん?

袖も破けてる。

---------
■とりあえずレンダする
---------
パブに付いていたグラスを持たせる。

グラスは普通に透明設定がされていたので
他の、アクセサリのマテリアルからダイアモンドのマテリアルを適用。

それをしないと、レンダしてもガラス類が景色に埋没します。
スペキュラと反射設定を上げてあるんだと思う。

ガラス類も当然透明。

でもなぁ……夜はこうじゃないと思うんだなぁ……

ガラスにダイアモンドマテリアルつけると……

昼間かよ!

街壁のガラスは反射設定弱くすりゃいいんだ。そだそだ。

普通にレンダしたら、虎徹さんpwToon設定済だった。

今回のゲームはリアルタイプなのでデフォに戻す。

暗いっ!

ライトはこのパブに付いているライトだけ設定。
めっちゃいい雰囲気になります。
ボリュームライト使うともっと綺麗だろうな、と購入を検討している。

今回は人物メインなので、虎徹さんにスポットライトを向けた。

虎徹さんの靴は緑と白のツートンなんだけど
そこまで用意しなかったので普通に黒靴はかせてた。

白にして、Photoshopで緑かぶせればいいんだった。

この虎徹さん、手のグラスはどうした?

タイムラインでカメラを動かしてベストショットを探す。

まじ、タイムラインって便利だなぁ。

うーん……

どれもいまいちだけど……

↑これか↓これだよね。

とりあえず、虎徹さん関係、作成暫時終了。

次やるときは、帽子をかぶれる頭を修正する。
2012/09/14

服作成の開始記事

【Shade】虎徹さんの服作成 1 ベスト作成 | Create3D

---------
今回使ったアイテム
アニメ風にしたプラグイン

pwToon

背景の酒場
Bar Interior

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。