CarraraでDaz Studioのタイムラインを読み込む方法。

3Dいじり
3Dいじり思考

この記事は約3分で読めます。

まだ検証してないけど、思いついたのでメモしとく。

DSCF4753

DAZ→Carraraにタイムラインの受け渡しはできない。

OBJは勿論無理。

FBXでもcolladaでも無理だった。

 

でも、Carraraには、aniMate aniBlock Importer for Carraraを買ってあるので、

Daz StudioのaniBlocksをCarraraにインポートすることはできる。

 

つまりは、

  1. Daz Studioで、aniBlocksを組み合わせて動きを作る。
  2. それを24FPSのタイムラインにベイク。
  3. タイムラインを480FPSに変更。
  4. そのタイムラインをaniBlocksに変更。
  5. aniBlocksで保存。
  6. CarraraでそのaniBlocksを読み込み。

 

で、480FPSのaniBlocksをCarraraに読み込むことができる!

 

これで、Carraraでも、OBJ服の、アニメダイナミッククロスができるはず!

髪の毛のダイナミッククロスをしてほしいんだよ髪の毛を!

 

CarraraはDaz Studioと違って、どんなオブジェクトでもダイナミッククロスにできる。

これはPoserと一緒。

 

Poserも8までは持ってるんだけど、最新買うとなると、カラーラのバージョンアップの方が安いし

Poserよりカラーラの方ができること多いよね?

Daz StudioはPoser形式を今後も使えるだろうから、あえてPoserのバージョンアップをする気にならない。

 

というか、Poserって、バージョンアップで何がよくなったのかが、いまだによく分からない。

 

 

 

こないだたしか、BlenderにもDaz Studioのタイムラインを移植することはできた筈なので、

Carrara経由で、DAZからBlenderにGenesisをボーンごと移植する。【DAZ-Blender連携】 | Create3D

 

 

まぁ……なんか色々試してみます。

どれが一番早くて手間が無く、綺麗に目的のものがレンダリングできるのか。

 

Daz Studioではパーティクルが扱えないので、

DAZからパーティクルを扱えるソフトに書き出して、そのソフトでパーティクルをくわえて動画を作った方が早いと思うの。

パーティクルをDaz Studioに読み込むよりは……

 

DSCF4754

夏の定番昼食。おそうめん。

薬味は、キュウリ、ネギ、シソこんにゃく、炒め椎茸、ワカメ、ゆで卵。

 

私は、もずく納豆でそうめんを食べます。

両親は麺汁で食べてます。

 

そうめんじゃなかった、讃岐うどんです。

 

フライパンの鍋敷は、50年もの(笑)

黒いラインは、分解したのを母が繕ったものです。

 

 

壊れるまで買い換えない。

壊れても買い換えない。

修復ができなくなった時に初めて買い換える。

それが私の両親の正義。

 

12万円で買った鍋セットを30年使っていたりするので

(手間無く圧力鍋っぽくなるような高機能鍋)

買い換えの時の桁はでかいけれど、ものもちもいいです。

 

33度59%。

リビングに脱出!

 

 

 

Enjoy!&Thank you♪

2013_08_30(金) am11:59

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。