【Daz Studio4.5】インストールする。

Daz Studio Daz Studioの使い方 チュートリアル

この記事は約3分で読めます。

DAZのエラーのため、リインストールしたので、これから始めるかたのためにメモしておきます。

今回、私はラムディスクに設置しましたが、そこらへんはハードディスクとかSSDとかに置き換えて見てください。

 

リインストールの場合。

MyLibraryフォルダの名前を変更して、よけて置きましょう。

130326_D2798

 

Daz Studio4.5をインストールする。

130326_D2794

DAZのサイトからダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。

 

DAZ Install Managerが出て便利になりましたが

DAZ Install Managerでダウンロードできないアイテムがいくつかあります。

そういうのを、↑こんなふうにひとまとめにしておくと

リインストールする時に便利です。

 

シリアルナンバーを入れる。

以前記事を書いていますのでこちらをごらんください。

【DAZStudio4】シリアルナンバーの場所【初心者】 | Create3D

 

 

初期設定を変更する。

しなくても良いこと。

 

130326_D2788 130326_D2789

 

上の『エディット』の方は、アイテムを公開したときに表示される場所なので触らなくてもいいです。

 

下の、テンポラリファイルは、できたら起動ディスク以外にした方がいいと思います。

特にSSDのかた。

最近のSSDは優秀なので、これぐらい平気だそうですが、

どうでもいいゴミファイルを起動ディスクに置いて、少しでもスピードが下がるのは避けたいものです。

 

私は、データを置いているEドライブに『etc』フォルダを作り

その中に、『見なくていいファイル』や『各種設定ファイル』を全部置いています。

130326_D2796 130326_D2797

今回はtempファイルの場所なので、下の『TEMP』フォルダを指定して置くと

ここが肥大したときに一気に全部削除できます。

 

Daz Studio4.5だけではなくて、アドビ製品や

IE、Firefoxなとのキャッシュやテンポラリファイルも全部ここを指定すると

起動ディスクがすっきりします。

 

SSDはハードディスクのようにテラ単位ではまだ発売されていませんので

たくさんプログラムをインストールすると容量超過の憂き目を見ます。

 

そして、その大部分は、こういうtempファイルというゴミがたまっているので

最初から別に保存するようにした方がのちのち楽だ、という話です。

 

SSDに特化した話は下記で。とくにFirefoxとかは早く設定した方がいいです。

Windows 7 でSSDを導入した時にやること: マグマ大使の道具箱

 

DAZ Install Managerの設定。

  1. 【Daz】DAZ Install Manager (2)セッティング | Create3D
  2. 【Daz】DAZ Install Manager 導入方法 | Create3D

 

DAZ Install Manager | Create3D  まとめ。

 

 

リインストールの場合。

DAZ Install Managerからインストール情報を抜いて、リインストールします。

念のためDaz Studio4.5を終了させてください。

 

 

インストールタブで全部にチェックをつけて、下の緑ボタンを押すと、アンインストールされます。これは早い。

130326_D2790

 

新しいMyLibraryフォルダができていることを確認して、インストールします。

130326_D2798

 

レディーツーインストールタブで全部チェックして、緑ボタン。

130326_D2792

 

どんどん自動でインストールされます。

130326_D2795

 

 

前述したように、DAZ Install Managerでインストールされないものは

手動インストールする必要があります。

130326_D2794 

一応、DAZ Install Managerのインストールが済んでから

手動インストールしてください。

 

三十分ほどかかって600なので、全部ョンストールするのに一時間半ぐらいかかりそうです。

130326_D2799

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。