Shadeでバーナビーの髪形を作ってみた。

3Dいじり

この記事は約13分で読めます。

PoserやDaz Studioで自作キャラを作り
キャラをレンダリングして
それをコミスタで配置して
ストーリー漫画を作ってみよう企画。

第4弾!
バーナビーの髪の毛をShadeで作る。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る191.JPG
_____________
第一弾
Daz Studio4とPhotoshopで自分のキャラを作る。

第二弾
Shadeで定規をつくってPoserに読み込む。

第三弾
Shadeで眼鏡作成→Poser、Daz Studioに読み込む。

第四弾

【Daz Studio4】のGenesisでバーナビーを作ってみる。
_____________

髪を制作するのは初めてです。
Shadeを使うのも六年ぶりで、そのまえも、素材集のアイテムを並べてレンダしただけで、
小物を作ったのはほぼ今週が初めてです。
_____________

今回の作成で気づいたこと。(笑)

削除できないときは『フィニッシュ』をクリックする。

掃引体は表面材質をレンダリングできない?
自由曲面にすると材質が反映される。

髪の毛は、根元から毛先にパスを書こう。

嵐子は、シフト押しながらクリックしたら、一括選択ができることを覚えた!
(知らなかったんだよぉ(T-T))

こんな女のメイキング日記です。
_____________

■予定

・マイケルをobjで書き出し。頭のサイズをShadeに読み込む。

・人さまの髪を書き出し、仕組みを見る。
・Shadeで髪の型を作る。
・Shadeでバンプマッピングの様子を確認する。

・兎さんの前髪の真ん中あたりの形をuvで作る。(uvはこれ一枚の予定。できる?)
・調節する。
・書き出す。
・Poserと【Daz Studio4】で確認。

Go!
_____________

Poserから、オールタイムヘアーと、コウジサンの髪と、マイケルモーフの髪をobjで書き出した。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る003.JPG

Shadeで読み込む。

オールタイムヘアー。複雑すぎて却下。

コウジサン。なぜかスカルキャップのみだったので削除。

マイケル。
スカルキャップと髪のプロップはあったのと、
元々、マイケルの頭にあったものを作らなければならないので、
これを残して次に進む。

uvはどれもついてこない。

これは普通?
何か間違えた?
(マテリアルはついてきていた。スクショとった時点で見逃していただけ)

_____________
参考サイト様。

3DCG : Shade online : フォーラム > Free Talk > 毛 作成するには?

貼り付け方も主に、”拡散反射&透明”か”拡散反射&トリム”のどちらかになります。

ヘアーサロンについて:『はじめてのShadeモデリング』コミュニティ 画像/イラスト/写真/音楽 みんなの作品投稿サイト [artist side]

理美容教育訓練用頭部模型及び理美容教育訓練方法 – astamuse(アスタミューゼ)

髪のブロッキング図解。

_____________
■ブロッキングを考える
_____________
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る002.jpeg

このブロッキングにそって髪短冊つけていけばいいかな?

外側と内側と二枚ずつはれば、奥行きなんとかなる?

_____________
■ 実践!
_____________
Michaelの頭部をShadeに読み込む。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る003.JPG

ヘッドを、レンダ・選択不可にしておく。
パート名に『ちるど~』と『いげた #』を入れる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る004.JPG

とりあえず貼っていく。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る005.JPG
45度複写。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る006.JPG

あれ?
ここで複写したら、髪のカールさせるの、一つずつするの?
(気づくの遅い!)

カールさせてから複写しなきゃいけないのね。
_____________
再度!
(♪ベッドに押し倒して~(古))

自由曲面パートにパスを入れて前髪を作る。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る007.JPG

これを頭一杯複写してまた気づく。
・形が悪い。
・パス減らせ。

掃引の方が容量が少ないらしいので掃引で作る。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る009.JPG

こんな感じ
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る010.JPG

45度ずつ、4回リピート
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る011.jPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る012.JPG

以前ヘアーサロンを触ったときに排出された表面材質を適用してみる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る013.JPG
真っ黒?

このとき、プレビューの球体にバンプしか適用されていないことに気づかなかった。
イメージ画像の色しか目に入ってなかった。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る016.JPG
まっすぐになる?なぜ?

赤くしてみた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る015.JPG
色は再現されてるけど、カーブが反映されてない。

プレビューは黒髪が反映されているのに、かまぼこいた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る017.JPG

??????

自由曲面って表面材質貼れなかったっけ?

まっすぐの閉じた線形状を作って、貼ってみると反映される。
曲がってるのがいけないのかな?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る018.JPG

_____________
なんとなく、ヘアーサロンに突入。

坊ちゃん刈りならできるんじゃない?

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る019.JPG
生やして刈る。
ドライヤーかけて櫛でとかす。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る020.JPG
風になびく稲穂のよう。

強く撫でるとしおれる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る021.JPG
再度!
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る022.JPG

くるん
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る023.JPG
これだけなら簡単なんよ。

でも、頭全体、360度これができるかというとそうじゃない。
なぜなら、
前に整えた部分が、次のドライヤーで動くから……

ならば、最初から、部分的に読み込めばいい!

Poserでスカルキャップの上にグループを作るように、
Michaelの頭を細分化して、
パーツごとにヘアーサロンに入ってみることにした。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る024.JPG

嵐子は、シフト押しながらクリックしたら、一括選択ができることを覚えた!

(知らなかったんだよぉ(T-T))

こんぐらいにわけたらいいだろう。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る025.JPG

一部分ずつ読み込んで、髪を植えていく。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る027.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る028.JPG
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る029.JPG
くるん♪

この作業は楽しい♪

書き出してみた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る030.JPG
こんなにようさん短冊いらんやろ……

そして
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る031.JPG

Shadeストップ!

うちのマシンではこの先進めないらしい。
まぁ、イランと思ったんだからいいわ。
(負け惜しみ?)

_____________
再度!

前髪から作ったからなんとなくイメージがおかしかったんだ。
大事なのは表情が見える角度なんだから、
サイドの角度を先に決めた方が良い筈!

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る033.JPG
こんな感じこんな感じ。
マッシュルームまでいかないのね、バーナビーは。

やっぱり二枚重ねで複写。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る034.JPG

とりあえず、中身は見えなくなったかな。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る035.JPG

とりあえず形を全部作ってしまう。

パートは一応、単純ながらも方位分け。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る036.JPG

一番の難関だろう、サイドのカールを作っていく。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る037.JPG
ここまでは思ったより簡単にできた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る038.JPG
いいんだかわるいんだかわからん。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る039.JPG
ライトを追加。

Shadeのライトは、Poserと似ていて使い安い。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る040.JPG

一つ一つ変換するのめんどかったので
上位パートごと、ポリゴンに変換。

ヘアーサロンの黒髪を貼ってみた。
横縞……
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る041.JPG

90度角度変えても横縞……あれ?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る043.JPG
しかも黒くないし。

↓ヘアーサロン出力のままの髪イメージ。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る044.JPG

これ、見たときからおかしいと思ってたんだけど
4~7って何?

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る045.JPG

全部ポリゴンじゃなく
一つずつ自由曲面に変換したら縦縞になった。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る047.JPG

カール一つでも、うっすらと色が付いてるのはのはわかるけど白い。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る046.JPG

トゥーンにしてみた。
はっきり線が出るね。
家とか機械ものならそのまま使えそう。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る048.JPG

やっぱり白い。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る049.JPG

白い上に、影が気になる。

透明度をトリムに変えてみた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る053.JPG111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る054.JPG

お。白いままだけど、髪が透けた!
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る056.JPG

なんか髪っぽくなってきた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る057.JPG

Michaelの顔に肌色をつけてレンダしてみた。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る058.JPG
サイドカールが足りん……かな。

横、穴だらけ……
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る059.JPG
これは、地肌に色を塗れば、足りる気もする。

後ろも同じく。

髪自体は二重になってるから、地肌に金髪塗れば、
そんな目立たないんじゃないかと予想。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る060.JPG

トリム通りに影が落ちる凄い。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る061.JPG

トリムが雑だからあれだけど、綺麗に画像を作ればこれが綺麗に透けるのよね。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る062.JPG

すでに髪の毛じゃん。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る063.JPG

気になってた、マッピングの4~7を消してみた。

黒くなったやんかっ!
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る066.JPG
やっぱり、4~7が邪魔してたんや。
なんやったんやあれ。
書き出すときに必要やったんかな。

プレビューも黒髪になった♪
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る067.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る068.JPG
てっぺんはげが見えそう?

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る070.JPG

頭頂が平坦なので、
真ん中にコントロールポイントを増やして山形にする。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る071.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る072.JPG

頭っぽくなった。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る073.JPG

横も同じように山形に。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る074.JPG111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る075.JPG

後ろも綺麗綺麗。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る076.JPG

形は暫時これでよし。
_____________
■スキンを作る!

Photoshopで前髪の部分を作っていく。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る079.JPG
タブレットですらっと……

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る082.JPG

……これは、コミスタでやった方が早いし簡単だ。

コミスタに移動。

コミスタは、『ペン』に『入り・抜き』設定ができるので
下記の茶色の線のように、
パスを使って、マウスだけで、先端のとがった綺麗な線が描ける。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る083.JPG
何かに必死になっていて、アンチエイリアスがかかっていないことに気づかなかった。
でも確認しても、レイヤーにアンチエイリアスの設定が無かったので
画像が小さいのかな。

ぎざぎざが出ちゃっている。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る084.JPG
カーブがついてはいけないことに気づいて書き直し。
難色か重ねてこう。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る085.JPG
ギザギザやん……
これ、使えるのかな?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る086.JPG

Photoshopに読み込む。

コミスタはPhotoshopのレイヤーをそのまま読み込めるし、
レイヤーをそのままPhotoshopに書き出せる。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る090.JPG

色の、一番上の部分を『一行選択』する。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る091.JPG

自由変形
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る092.JPG class=”pict” height=”367″ width=”355″>

びよん。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る093.JPG

ちょっと波うたせる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る094.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る095.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る096.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る097.JPG
どう考えても、下の手書き部分かつながらないので、そっちも削除、というか

一直線で作り直し。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る098.JPG

コミスタの手間はなんだったのか(笑)

今度、直線だけでまた髪を書こう。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る099.JPG

先端の部分を選択して変形。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る100.JPG111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る101.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る102.JPG111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る103.JPG
前髪のたばになってる部分を作ろうと思ったんだけど、挫折。

手で書いた方が早い。

今は暫時、髪形のイメージがつかめれば良いので
マップはあとで仕上げることにする。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る104.JPG

結局は直線に戻して、
下端を白グラデでぼかす。

平坦な金髪じゃなんなので、ちょっと汚しを入れる。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る105.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る106.JPG

乗算とスクリーンでかぶせる。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る107.JPG111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る108.JPG111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る109.JPG

やっぱりちょっとだけシアー掛けてみる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る110.JPG

シアーを掛けたのと掛けてないのをbmpで出力。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る111.JPG

白黒にして、バンプを出力。(まっすぐなののバンプ作るの忘れてた)
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る112.JPG
バンプ
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る113.JPG

トリム(のつもり)
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る114.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る115.JPG

トリムがグレースケール使えるのかどうかわかんなかったので
グレーと二値化と作る。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る116.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る117.JPG

もっとはっきりさせる。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る118.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る119.JPG

とりあえずこれでShadeに移る。

毛先が変なことになってる……

グレースケールトリムは不可。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る121.JPG

二値化トリム。

トリムが逆だったらしい。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る123.JPG

いい感じじゃない?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る124.JPG
シアーいらなかった。

前髪の長さを調節。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る125.JPG

雑なトリムの雑な透け感。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る127.JPG

でもまぁ、こんな感じなのよね。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る128.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る129.JPG
後ろはシアーがあってもいい感じかも。

でもべったりしたかんじ。
短冊一枚しか貼ってないから当たり前。

『アルファ乗算済み』ってのを消すと黒くなった。
必要なのね。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る132.JPG

ここでまたもや、ヘアーサロンをいじりたくなってしまった(笑)

頭頂部と下と、二つあったらいけるんじゃない?

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る136.JPG

本少なくしてやってみる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る137.JPG

必殺光線照射!(違う)
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る138.JPG

長さ間違えた。

とりあえず切って整える。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る139.JPG

蘇鉄を彷彿とさせる坊ちゃん刈り。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る140.JPG

やっぱり、一方向ずつやらないと綺麗にならない。
(なんでやりたいんだろう)
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る141.JPG
なんか、ヘアーサロンって、いやされるんだよね~♪

マウス動かすだけで、この赤いラインが動いていくから(笑)
ただ、ひたすらに楽しい♪

そして、こんなにたくさんの短冊ができる。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る142.JPG

そして、フリーズする……

イメージだけは出力して落ちるので、イメージが残る。
イメージって私が作ったデータと、
ヘアーサロンのデータが一緒のフォルダに入るの。

ヘアーサロンのデータは英語なので
日本語しかつかわない私のイメージとは見分けしやすいから削除しやすい。

ヘアテクスチャ作成にも手を出してみた。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る143.JPG

なぜ黒が入る?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る144.JPG
これは、この日記の真ん中あたりで書いた
ヘアーサロンが出力したイメージの4~7を削除すると、黒が無くなりました。

金色の大本だけ作っておいて
オレンジとか緑とか掛け合わせて
イメージを作り直さなくても、他の色が作れるってことですね。

それは便利。

また研究してみましょう。

黒が入っててもいい感じはする(笑)
これが茶色とかオレンジだと、
イー感じのハニーブロンドになる。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る145.JPG

髪の調子で目の中がいろんな色になるので
頭の中に閉じた線形状で黒を入れました。
これで、目はずっと黒い。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る146.JPG
後ろもいいんじゃないでしょうか?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る147.JPG

_____________
■髪のトリムに手を入れる
_____________
いいんじゃないでしょうかと言いながら、
手を加えます。

Photoshopで作業します。

フィルタ→ノイズ→ノイズを銜える
で、黒の上の方にノイズを入れます。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る148.JPG
ファイルは縦長です。
上の部分だけアップ。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る151.JPG

相変わらず、一行選択ツールで選択範囲を下に延ばします。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る150.JPG

これだけでも美し~い♪
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る152.JPG

真ん中に、両面グラデーションを掛けます。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る153.JPG

モノクロにします。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る154.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る155.JPG
↑この時点で、最初のカラーノイズは意味無し(笑)

縦に延ばします。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る156.JPG

ブログが無意味に縦に長くなるので、画像を横にします。

別レイヤーにグラデーションを掛けます。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る158.JPG

雲模様1を別レイヤーで作ります。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る159.JPG

グラデーションと雲模様を乗算統合します。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る160.JPG

最初のノイズをひっぱった画像を上において、スクリーンで統合します。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る162.JPG
縦長に戻してトリムとして出力。

すけすけ~
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る163.JPG
短冊を一杯作るなら、これでもいい気はする。

と思ったら
二値化するの忘れてて、グレーの部分から切れてた(笑)
かりあげになってるっ!
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る164.JPG

透け具合はいい感じじゃないです?
髪の毛っぽい。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る165.JPG “pict” height=”277″ width=”348″>

_____________
■トリム作り直し。

Photoshopだと二値化にするときに面倒なので
最初から二値化で作れるイラストレーターで作業します

三角を作って
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る167.JPG
細長くして
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る168.JPG
画面の端から端へと並べていきます。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る169.JPG

こんな感じ。
綺麗なグラデーションの上に、ほぼ二値化。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る170.JPG

下の部分が綺麗なモアレに……(笑)
これ、Shadeでもでるかな、モアレ。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る171.JPG

並べた三角を、ランダムに消去して、髪の毛の透け感を演出。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る172.JPG

↓これ、縦長画像ですが、横に長い画像の左端です。

短冊の端をトリムで透けさせて、『端っこ』感を無くすために、白線でボカシを入れます。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る173.JPG

ちょっと白線が細いですね。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る174.JPG
白線は1ポイントに太らせました。

適用。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る175.JPG
髪の端が透けて、いい感じ?

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る176.JPG

ここまでアップにしてようやくわかるトリム。
もうちょっとトリムのはばを大きくしましょうかね。

この拡大率なら、短冊の端が紛れていい感じ♪
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る177.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る178.JPG

前髪の先端のパスを縮めて、
髪の毛が中心に寄ってる感じにしました。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る179.JPG

トリムの細線がまるで後光のよう。
ふんわりと光った『神々しい』雰囲気って、
ソフトグローとか使わなくても、トリムで簡単に出せそうですね。

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る180.JPG

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る182.JPG

左側にもコピー。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る183.JPG

ボリュームがおかしい。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る184.JPG
拡縮でサイドを抑えました。(スクショ間違って削除……)

このとき、私ダイコーフンっ♪

初めて作った髪がこんなにイー感じで超嬉しい♪
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る186.JPG
短冊は、両方合計50枚前後。

北東の髪が、妙にストンとしてるので
S字カーブをつけましょう。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る187.JPG

後ろはシアー入った画像を使ってみましょうか。
それとも、パスを斜めにしたら、イメージも揺れるかな?

111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る188.JPG

短冊の端の影が消えるようにパスを調整しましょう。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る189.JPG

サイドの跳ねてる髪がもうちょっと目立つように
サイドの髪だけ、上側が光ってるイメージを使いましょうか。

書き出したときに、影でラインをいれてもいいけど。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る190.JPG

さぁ、これをPoserに書き出したらどうなるのかな?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る191.JPG

_____________
■Poser出力
_____________
うーむ、トリムが無くなった……
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る192.JPG

どうしたらいいわけ?
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る193.JPG

トリムを透明度とかに変えたら、悪化。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る194.JPG

オールタイムヘアーのマテリアルルーム。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る195.JPG

しかも、相変わらず巨大読み込み。

真ん中の茶色いのがオールタイムヘアー。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る196.JPG

トリム画像を反転して透明設定。
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る197.JPG

うーむ……
111113Shadeでバーナビーの髪の毛を作る198.JPG
<
br>ただいま、ここで止まってます。

で、面倒くさくなって、Shade12を買いました。
日記を三つ書いてたので、まだShade12触ってません(笑)

_____________
■今後の歌題
_____________

ダズのジェネシスをShadeに書き出して使えるなら、
Shadeで髪の毛合わせてレンダすりゃいい。

モーフもボーンも無い状態なら書き出せる。
ダズでポーズを決めて書き出せばオーケーかも。

ポリゴンには部位の名前がかかれているので、
ヘッドを分けるのは簡単。
ヘッドにフェイス画像を貼れて、
ボディーに体の画像を貼れれば、これはクリア。

元々、服や細かい調整はPhotoshopで加えるので
ポーズさえ作れればいいなら、これでいい。


Daz Studioのトゥーンレンダラを使いたい。
だから、Poserより、ダズにアイテムをインポートする方法が欲しい。

定規を読み込むことはできたのに、その翌日
突然読み込んだアイテムが表示されなくなった。
この原因を突き止めなければならない。

とりあえず、再インストールしてみる?

トゥーンレンダラを使うなら、
Poserより、Dazでの調整を進めるべき。


Shade12の機能をまず堪能してみる。


小説を進める。


オリキャラもどんどん作っていく。

以上
_____________

まずは、Shade12のポーザーフュージョンを試す。
_____________

---------
3Dいじり | 晶山嵐子の日記
うちの日記も一応のっけときます。

目標は、Daz Studio4で自分のキャラを作って
それを出力してストーリー漫画を作ること、ですので
Daz StudioやPoserだけで仕上げることは考えていません。

3Dソフト→Photoshop→コミックスタジオかillustratorで仕上げ。
---------
勝手によそさまリンク
---------
操・活・解
操・活・解 DAZ Studio 4
↑のカテゴリの一番最初に、Daz Studio4のいん

Daz Studio3やらPoserやら
非常に専門的な考察実証のサイト。
ポリゴンを直接いじるようなプラグインの解説がメイン?

専門的すぎて私はまだ理解できませんが
わかるようになったらいいな、と毎日見てます。
---------
肉丸の『ど~んとやってみよう!』
DAZ Studio 4.x β を弄ってみる!! その3: 肉丸の『ど~んとやってみよう!』
Daz Studio4の初心者向けチュートリアル。
服を着せる、髪をかぶせるはオーケー!

---------

その他の晶山嵐子のメイキング

たまもの前ボーイズ 表紙メイキング
コウジさんとテライユキちゃんがモデル。

果てに見る夢 表紙メイキング Poser→フォトショップ
コウジさん二人に中華風着物着せてます。

photoshop&Poser 『危険な系譜 9 理想の世界3』 表紙メイキング
バストショット。コウジさんから美青年に書き換え。

『無防備な合い鍵』の表紙メイキング-Poser編

『無防備な合い鍵』の表紙メイキング-3Dマイホームデザイナープロ編

『無防備な合い鍵』の表紙メイキング-photoshop編
コウジさん二人、テライユキちゃん一人がモデル。(全員男ですが)

凌辱系(少年のいけない全裸)

危険な系譜 秋谷修矢2 表紙メイキング

危険な系譜 秋谷修矢2 表紙メイキング 2
ベン君がモデル。

まだDaz Studioでは表紙作ってません。

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。