【Daz Studio4】日本刀を使うポーズを作る7。歌仙兼定。

日本刀歌仙兼定を3Dで作成する3Dいじり
日本刀歌仙兼定を3Dで作成する
3Dいじり Daz Studio ポーズ作成 作業記録

この記事は約2分で読めます。
Autodesk Maya 2014で作った『日本刀歌仙兼定』を
Daz Studio4でセッティングし、
DAZ3Dで販売するアイテムに仕上げる。

 

 

DAZ3Dで、この日本刀の販売が決定しました♪

是非、あなたのパソコンで見てください。

 

 

 

 

このシリーズの他の記事。

歌仙兼定の刀を作る | DAZ3DでCreate3D-3d。CG制作作業日記



 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

 

色調補正で、紫を青にする。

左がアフター。右がビフォー。

空の青みが増えて、みずみずしくなった。

刀の目立たせ方。

  • 一番左。
    • レンダリングしたまま。
    • 刀身に背景が映り込んで、背景に埋没している。
  • 左から二番目。
    • 刀身を別レンダリングして、『通常』で重ねた。
    • 背景が反映されていないので浮いてる。
  • 真中から右三枚。
    • 刀身のレイヤーをいろんなモードで重ねた。

一番右の、『ハードライト』モードがいいと思うの。

地面の雑さを誤魔化す。

ビネットを入れようかと思ったけど、

Ron’sでエッジを使おうかと思ったら見つからなかったw

なので ↑ 額縁っぽいこれを重ねて見る。

元画像。 ↓   ↑ 画像を重ねたもの。

空の青さが紛れちゃったので、ある程度消す。

消したレイヤーを三枚重ねながら拡大。

結果的にビネットにした。

背景の、艇解像度が気にならなくなった。

 

 

 

-天川 和香— AMAKAWA Waka —A_Waka-

シリーズ一覧記事。↓

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。