【Daz Studio4】フィラメントPBRの使い方。

【Daz Studio4】フィラメントPBRの使い方。Daz Studio
【Daz Studio4】フィラメントPBRの使い方。
Daz StudioDaz Studio 基礎講座シリーズ最初チュートリアル

この記事は約5分で読めます。

2020/11/11 にバージョンアップしたDaz Studio4に

新しいレンダリングエンジンが搭載されました!

フィラメントPBR、Iray、3Delight。

Iray用シェーダーでのレンダリングです。

 

Daz Studio4のバージョンアップした部分。

  • ビューポート用のフィラメントPBRレンダラー
  • Iray2020.1.1の互換性
  • NVIDIA GeForce RTX30シリーズのサポート
  • Studioのアニメーション機能の更新

ざっくりと簡単に言うと

  • 表示が早くなった。
  • レンダリングが早くなった。
  • 動画をサクサク作れるようになった。
  • 古いパソコンでも、よく動くようになった。
  • 『フィラメントPBR』という『Iray』よりリアルタイムに表示するレンダリングエンジンが搭載された。

 

とにかく、早くなったんです。

とにかく、もっと『フォトリアル』になったんです。

アップデート方法。

DAZ Install Managerを起動して
Daz Studio4のアップデートをインストールしましょう。
 
それだけです。
 
 

まずは、フィラメントPBRの簡単な使い方です。

 

ビューポートでフィラメントPBRを使う。

カメラの左のオプションをクリック。

『フィラメントPBR』を選択。

これだけ。

 

下記は、テクスチャシェーダーのビューポート。

フィラメントPBRのビューポート。

Irayビューポートよりはるかに早く、リアルレンダリングされる。

 

レンダリングでフィラメントPBRを使う。

ビューポートでフィラメントPBRを表示させる。

レンダリング設定タブを開く。

ビューポートを選択。

レンダリングボタンをクリック。

即座に、レンダリングウインドウが起動して、

ビューポートそのままの画像が保存可能。

 

これを選択していけない。

『ビューポート』の下の『マルチパスオープンGL』を選択してしまうと

延々と時計が回り続けるので気をつけましょう。

 

私は間違えてこれを何回も選択して、

そのたびに、DAZを強制終了させました。

 

キャンセルもきかないので、本当に気をつけてください。

 

五分経ってもまわってるので、結果がどうなるのかは知りません。

 

 

 

IrayとフィラメントPBRのレンダリングの差。

Iray

フィラメントPBR

見やすいように縮小してみた。

 

どちらも、Irayシェーダーを使ってます。

まだ、フィラメントPBRシェーダーの研究はできてません。

 

現時点でわかってること。

  • Irayと比べて、フィラメントPBRは
    • 『影』がつかない。
    • Irayのディスプレイメントは反映されない。
    • Irayの『ベース』にテクスチャや色が入っていないと色が出ない。
    • 早い。
    • 速い。
    • ハヤイ!

色水戸かは変わりますが、【Irayシェーダー】のアイテムは

そのままフィラメントPBRでもレンダリングされます。

 

ただ、上記の画像でもわかるように、かなり変わってしまうので

専用シェーダーがあったほうが綺麗にレンダリングできます。

昨日リリースされたここらへんのアイテムですね。

SF Beautiful Skin Filament by: SickleyieldFuseling, 3D Models by Daz 3D

『フィラメントPBR』用アイテム。 | DAZカテゴリ一覧

 

とにかく、

上記の変化を踏まえて、もう一度比較画像を見てみましょう。

 

フィラメントPBR

1秒。

Iray。

9分。

(50%でレンダリングを終了しました)

 

ついでに、3Delight。

一分。

Iray用ディスプレイメントは綺麗にあたってます。

 

『影がつかない』から、『映り込み』もない。

これはIrayシェーダーをつけているから、という可能性もある。

 

ただ、下記商品でも言われているように

『現時 点』では『影がつかない』のは確かみたい。

dForce SY Rigged Shadows Filament by: Sickleyield, 3D Models by Daz 3D

dForce SY Rigged Shadows Filament

この商品は

『影』を『ハリボテ』でつくって

その『ハリボテ』をdForceにして、『地面に沿わせる』ようになってる。

 

『影がつかない』から、Irayよりは全体的に白っぽい画像になる。

フィラメントPBR、Iray、3Delight。

Iray用シェーダーでのレンダリングです。

 

まとめ。

 

3Delightよりフォトリアルなのに、レンダリング時間は駿足。

 

私は、『時間が足りないから漫画レンダリング』と思ってたんだけど

漫画レンダリングよりフィラメントPBRの方が速いので

フィラメントPBRをメインにしようと思う。

 

漫画レンダリングを前提にすれば

写り込みとか、影がないとかは、気にならない。

フィラメントPBRは、3DelightよりフォトリアルでIrayより簡素。

 

【この記事を書いた日 2020/11/12  8:02 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。