【Daz Studio4】『カメラ』を必ず、自動で出す設定方法【一分でできる】

Daz Studio
Daz StudioDaz Studio 基礎講座Daz Studioの使い方チュートリアル

この記事は約3分で読めます。

Daz Studio4で『新規シーン』を起動したときに

 ↑ この画像のように

『デフォルトカメラ』を自動で設定する方法。

なぜ『デフォルト カメラ』が必要なのか?

基本の『パースペクティブビュー(透視図)』カメラでも

普通にカメラワークは行えます。

『パースペクティブビュー カメラ』の長所。

シーンに『カメラプロップ』が出ないからシーンがすっきりしている。

『パースペクティブビュー カメラ』の短所。

『取り消し(Ctrl+Z)』ができない。

カメラワークを変更したときに、

『取り消し(Ctrl+Z)』で『前の角度』にもどすことができません。

 

致命的な欠点です。

これで私は何度も泣いてきました。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

パラメータが設定できない。

『パースペクティブビュー カメラ』は『シーンにロードされない』ので

『シーンで選択してパラメータを出す』ことができません。

 

『カメラプロップ』をロードすると

シーンに表示されるので、パラメータをいじることができます。

こういう理由で

『パースペクティブビュー カメラ』は『確認用』としては良いのですが

実用として使うと、痛い目にあいます。

 

カメラワークを『取り消し(Ctrl+Z)』できない、というのは

非常に痛いです。

 

ですので、シーンを作るときは、一つはカメラプロップを使いましょう。

 

ですがいちいち、手作業でカメラをロードするのは面倒です。

そんなことは自動でやって貰いましょう。

 

機械ができることは機械にやってもらう!

人間は、人間にしかできないことをする。

 

 

 

『デフォルトカメラ』を自動で設定する方法が、ダズにはあります。

無料ソフトなのにDaz Studio4は本当に優秀ですね!

 

『デフォルトカメラ』を自動でロードする方法。

Daz Studio4の『初期設定 プレファランス』をいじります。

 

マウスだけでできる操作ですので安心してください。

  1. グローバルメニュー
  2. エディット
  3. プレファランス
  4. シーンタブ

 ↑ 『クリエイト ア 『デフォルト カメラ』のチェックを入れる。

『Accept アクセプト』。

 

コレだけです。

簡単でしょ?

 

新規シーンを作ると、

自動で『デフォルト カメラ』が追加されています。

まとめ。

Daz Studio4で自動でカメラを出す方法でした!

 

このカメラ以外は『四面図とかの「確認」』用。

『デフォルト カメラ』を『レンダリング用』に使うと

『うっかりカメラ動かして前のフレームにもどせない!』ということがなくなります。

 

安全ですね!

Daz Studio4を楽しんでくださいませ~♪ヽ(´▽`)ノ

 

【この記事を書いた日 2021/07/30  5:34 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。