【Shade】虎徹さんの服作成 1 ベスト作成

3Dいじり おすすめ記事 メイキング 作業記録

この記事は約4分で読めます。

3D制作8作目。
虎徹さんのベスト作成。

Shade10.5。Hexagon2.5。Metasequoia。

tiger&bunny 自作スーツ

 

Shade12を使わないのは
10.5でもマイページに入れるのにバージョンアップをダウンロードすることができないので
12のバグが修正できないから(T-T)

だから、この10.5も、バグ満載の初期状態のまま。

マイページにShadeのシリアルで入れる時点で
登録はできているのに
修正ファイルをダウンロードするページにアクセスできない……なぜだ。

IEでもできないのねー……

とりあえず、そんなShade10.5で開始。

2013_03_12(火) am06:09 時点では
サポートに連絡をとり、枚ページを合一してもらったのでバージョンアップはできています。

 

---------
■予定
---------
大まかな形をShadeで作り
微妙な凹凸やしわはHexagonで作る。

袖とかベストは細かいしわをいれる予定なので
ポリゴン数多め。
(多めと言うけど、標準がどれぐらいか知らない。
DAZStudio4の服を書き出してみればいいんだ!)

服作成初で勝手がわからないのに
しわのこと考えて作るとか
難易度高すぎだろ、とこの時は気づかなかった。

しわのついてないシャツなんていやなんだもんっ!

「そんなのいやなんだもんっ!」
というのが、作成原動力
なので(笑)
大事にしてる♪

7分袖の白シャツ。
緑のベスト(ボタン三つ)襟ぐり深い。
(ネクタイを見せるため?)
黒いネクタイ。
ボタンかがらか、中央縦に六つの白い○。

鏑木・T・虎徹 – Google 検索

シャツはあとで着回しができるように、
ベストの下を継続して作れるよう、途中でファイルを分離。

ベスト 型紙 – Google 検索
七分袖 メンズ Yシャツ – Google 検索

Arc’s Pinup Studio ハンティングはこちらからいただきました。
早く虎徹作りたかった~♪

---------
■下準備
---------
DAZStudio4から虎徹のマネキンを出力。
Shadeに読み込む。

あとでわかることだけど
虎徹の服だからといって虎徹のマネキンで作ってはいけない。

Genesisの体で作らないと、
虎徹に着せることができない。

服が仕上がったときに気づいた……(T-T)

そういやそんなことをどこかで読んだ気がしたなー
と思ったけど後の祭り。

大丈夫!
二度手間になっただけ!

---------
■襟を作る
---------
服作成初めてなので
どこから手を着けようかと悩んだあげく
シャツは襟だろっ!
ということで、襟から作成。

左右リンクするためのパートを作り、
リンクパートを作り
パートの中に襟パートを作る。

あとで襟ボタンとか作るので
襟はとりあえずただのパート。
その中に自由曲面パートを作る。

開いた線形状で襟の根元を作成。

コピーして折り返し、襟の端を作成。

自由曲面に入っているので、この三本ラインで

襟ができる。ベジェ万歳!

虎徹さん首を長く作ってあるので、襟の高さをどんぐらいにしたらいいのか迷う。
(相変わらず下絵も何も無い)

たかが三本ラインを引くのに12分。

---------
■ベストを作る
---------
■前身頃
---------
上面図で開始点をオプションクリックして
右面図で胸のラインを作る。

肩から脇へのラインも作って自由曲面に入れる。
というか、自由曲面パートを作って、その中でラインを作る。

二本のラインでベストっぽくなる。

もっと体にフィットさせる。
DAZStudio4 Shade 虎徹の服と小物作成 Hexagon メタセコ Metasequoia0013.JPG

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。