【Maya】日本刀、歌仙兼定を作る。173【刀置きを作る 三日月】

3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するMaya作業記録

この記事は約3分で読めます。

Autodesk Maya 2014で刀置きを作る。

日本刀、歌仙兼定の付属品。

20170201_00Create3D1171

前記事↓

【Maya】日本刀、歌仙兼定を作る。172【刀置きを作る 日輪】 | Create3D-3dCG制作作業日記

シリーズ一覧記事。↓

 

三日月の刀置きを作る。
  • 三日月の作り方。
    • 昨日作った日輪をブーリアンで抜く。
    • 三日月を最初から作る。
  • どんな三日月にするか?

↓左が、ファンタジー三日月。右が、リアル風三日月。

20170131_00Create3D114920170131_00Create3D1150

 

本物の三日月は、月の半分以下の外郭しかない。

20170131_00Create3D1152

 

三日月の刀置きを思い付いたときは『背板』をつけることを考えてなかった。

だから、ファンタジー三日月じゃないと用をなさなかったけど

背板をつけたら、背板から支え棒を出せる。

20170131_00Create3D115420170131_00Create3D1155

でも、リアル風のは間抜けだよね?

 

ファンタジー三日月にして、背板無しのデザインも用意しよう。

ブーリアンで抜こう。

 

 

ブーリアンで穴を開けた記事↓

【Maya】日本刀、歌仙兼定を作る。26 【目釘穴を開ける。】 | Create3D-3dCG制作作業日記

Autodesk Maya オンライン ヘルプ: ブーリアンを使用してポリゴン メッシュを統合する

↑これって、それほど昔じゃないのに

なんでそんなメッシュ扱いやねんっ! って、過去の自分に怒りたくなるw

上達したなぁ、この刀のおかげで。

また、どんどん上達していきましょう♪

 

ブーリアンで抜く。『差』

20170201_00Create3D115820170201_00Create3D1160

 

綺麗綺麗。

20170201_00Create3D115920170201_00Create3D1163

 

メッシュを整えて、フェースの押し出し、厚みマイナス2、法線の反転。

20170201_00Create3D1173

 

ベベルを入れると、透明サーフェイスが出てどうにもできないので、

20170201_00Create3D116520170201_00Create3D1166

 

ベベルを入れずにDAZに送った。

 

DAZで確認。

背板無しは、もうチョット縮小すると、月の上に刀の置き場所が乗るな。

20170201_00Create3D1167

20170201_00Create3D1170

にゅるっとしたカーブが微妙な光と影をかもしていい感じ♪

 

20170201_00Create3D117120170201_00Create3D1172

三日月は、湾曲しない方がいいのかな?

これぐらいはいいか?

 

 

三日月の刀掛け完了。

 

三日月の台座を作る。

20170201_00Create3D1174

厚みは、-0.5

 

日輪の方も、同じ用に台座を作る。

 

背板無しで日輪を壁に設置するとこうなる。

20170201_00Create3D117520170201_00Create3D117620170201_00Create3D1177

 

 

 

 

シリーズ一覧記事。↓

歌仙兼定の刀を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

刀掛けを作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

天川和香

【この記事を書いた日 2017/02/01 10:43 】

 

関連記事

Maya小技 | Create3D-3dCG制作作業日記

UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

Maya | Create3D-3dCG制作作業日記

3d小物作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

↑タグの統合そのうちします。

 

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。  

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

 

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

 

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

 

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

 

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

 

『理屈から入る』人には最適。

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。