【D|S】日本古典の刀剣セット作成 17 【Irayのスペキュラはどこだ!】

3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するMaya作業記録

この記事は約4分で読めます。

Daz Studio4.9でセッティングする。

メッシュは 2014。

PhotoshopCS6でtexture作る。

 

武器5点を一気に仕上げるので、一つのシリーズ記事にまとめます。

 

前記事↓

【D|S】日本古典の刀剣セット作成16  【シェーダーをコピーする】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

シリーズ一覧記事。↓

 

エラーは解決しておくべきw

歌仙鍔はテクスチャ2048で小さなメッシュだった。

その時にこのエラーがでてくれたから、小さなメッシュでリトライできた♪

それがなくて今、このエラーが初めて出たら、

この、とんでもないメッシュでリトライすることになるから大変なことになってた。

 

エラーって、出たときは凄く焦るけど

必ずその解決方法は自分の経験値になるから、

必ず解決して先に進む方がいいんだよね。

当たり前だけど、そこで『それをしない』って選択をすることもできるから。

 

人生に偶然は無いんだよ。

 

彫刻をくっきりさせる。

最初に書いたライン。↑

 

そのラインを指先ツールでぼかした。

 

ぼかした画像をポスタリゼーションした。

 

うまくいかないし、最初に書いたラインはあまりにも酷いので

ぼかした画像の上に、ラインを描く。

 

目の周りだけラインを入れた。

 

↓上がライン無し、下がラインあり。

目の周りの彫刻がくっきりした。

 

しなくて良い手間だろうか?

 

した方がいいけど、しなくて良い手間な気がする。

『なぞる』って想像以上に大変なんだけど、

その『大変さ』に対して『くっきりさ』はそれほど顕著ではない。

 

それより、ライン以外の部分をもっとぼかした方がいい。

ラインをもう一度なぞって顕著にするより

ライン以外をぼかす方が簡単だし、ラインは今より目立つ。

 

↓左、元画像。右、ボカシ。

これだけぼかすなら、手作業で全部せず

ポスタリゼーションをかけて堺をぼかしていいと思う。

 

↓上、元画像。下、ボカシ。

 

 

ブラシで綺麗なラインを描くパラメータ。

『サイズのジッター』をゼロにすると、途切れないということに初めて気付いた!w

 

 

 

彫刻の部分も黒なんだよね。平坦な部分と一緒。

だから、彫刻のラインが入ってない部分を光らせたらいいんだ。

どこだよ。

3だとスペキュラの部分だよ。

 

それを探して色々してたんだけど、

ちょっとこんがらがってきたので休憩。

2017_ 03m20d_10h42m_ 02s

 

今日、四つ分記事作った。

作業は全然進んでないけどw

 

 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

関連記事

UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

| Create3D-3dCG制作作業日記

3d作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

天川和香
【この記事を書いた日 2017/03/20 11:10 】

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。  

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

 

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

 

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

 

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

 

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

 

『理屈から入る』人には最適。

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。