【Marvelous Designer 3】アントニオ・ロペスの服を作る。20

3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するDaz StudioMarvelous Designer作業記録

この記事は約5分で読めます。

【Marvelous Designer 3】アントニオ・ロペスの服を作る。20

 

↑前記事

シリーズ記事一覧 ↓

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 


え? Marvelous Designer 4ってレンダリングできないの?

Marvelous Designer レンダリング – Google 検索

CLO 3D/Marvelous Designer マニュアル

 

検索して出てくる2のマニュアルでは

↓緑線のところに他のレンダリングツールでレンダリングする方法が書いてあるんだけど

20141207_00Create3D2488

 

襟だけ

20141207_00Create3D2487

 

↓で背景が赤いの直したけど、またなってる(T_T)

【Daz Studio4.7】レンダリングの背景が真っ赤になったよ!【エラー&解決】 | Create3D-3dCG制作作業日記

なんなんだこれ一体。

 

Daz Studio4.7を再起動させてもさせなくても赤くなるのが直らない(T_T)

裏でApophysis使ってるから、メモリ使い切っててバグってるのかもしれない。

ToonyCamでは出ないので、ToonyCamで確認する。つまりは、放置する。

Apophysisのせいでマシンの再起動できないんだからしかたない。

 

1120141207_00Create3D2494

 

Marvelous Designer 4では分厚くなっても、メッシュには反映されてない。

20141207_00Create3D2496

↓元々が、シミュとレンダの厚みって書いてるしな。

20141207_00Create3D2495

ということは、3dソフトに書き出して、この部分に厚みをつけるしかないのかな。


見つけた。

2Dパターンから3D衣服をモデリング:Marvelous Designer 3(マーベラス デザイナー 3)

20141207_00Create3D2497

↑ 『 Thin 薄い 』 『 Thick 分厚い 』

分厚い方を選択すると、↓分厚いメッシュになる。

20141207_00Create3D249820141207_00Create3D2499

全部分厚くなくてもいいんだけどな。

 

厚みをなくすと『 weld 密着して書き出す 』が使えるんだけど

20141207_00Create3D250020141207_00Create3D2501

厚みをつけると、密着できなくなる。

 

↓水色部分厚み1、赤3。

20141207_00Create3D250220141207_00Create3D2503

間がくっつかない。

 

これでは意味がないので、縁に厚みをつけるなら、やっぱり3dソフトを介す必要がある。

Marvelous Designer 4では、他の3dソフトで作ったデータもシミュレーションできるようになったらしいので、やってみるか。

 

 

OBJをMayaで開いた。

20141207_00Create3D2504

MarvelousDesigner – New In MD4

そうだ、四角ポリゴンにしてみようと思ってたんだ。

 

四角にすると、厚みをつけて書き出すことはできないらしい。

20141207_00Create3D250520141207_00Create3D2506

 

あれ? 何回やっても、四角ポリゴンが書き出されない上に厚みがついてる。

20141207_00Create3D2507

 

 

 

あたらしいファイルで四角い型紙を作る。

20141207_00Create3D2508

 

四角にする。

20141207_00Create3D2509

 

書き出す。

20141207_00Create3D2510

 

三角ですね。

20141207_00Create3D2511

放置。

 


Mayaにもマテリアルは読み込まれている♪

20141207_00Create3D2512

 

マテリアルで選択してオフセット。

20141207_00Create3D251320141207_00Create3D2514

 

いい感じなように見えるけど

20141207_00Create3D2515

 

レンダリングしたら隙間があった(T_T)

20141207_00Create3D251620141207_00Create3D2517

Marvelous Designer 4 → Daz Studio4.7 では、隙間が無いので

Mayaを噛ませた時に隙間が空いたらしい。

 

Daz Studio4.7でサブデビジョン上げると、隙間は亡くなったけど、エッジも丸くなった。

20141207_00Create3D251720141207_00Create3D2518

でも、振りビューで見るほど丸くはなってないんだよね。

 

↓ToonyCamでレンダリングしてもいい感じなので

20141207_00Create3D2519

今回は、縁を盛り上げるってのは諦めて

シボのある素材を襟に持ってくることにしようかと思う。

 

さっきあんなに↓キレイにシボが出てたのに、何も出なくなった(T_T)

20141207_00Create3D2520

裏でApophysis動かしてる間はレンダリングは期待しないようにしよう。

 

 

しかし、ファスナーの存在感凄いな(笑)

20141207_00Create3D2520

 

馬鹿がメッシュで作ったんだ(笑)

20141207_00Create3D2521

透明度マップで抜いても↑これぐらいのメッシュの大きさになるやん?

なら、メッシュで作ればいいやん、と思った。

 

線ジッパーもオスメスって言っていいのかな?

凹凸は左右で逆にしてある(笑)無駄に細かい私。

20141207_00Create3D2522

Marvelous Designer 4では、大規模ピン止めが簡単になったので

あとで、ジッパーを閉めるモーフも作る予定。いつかしらんけど。

 

前バージョンでは、ピン止めが大変だったので、ジッパー閉めようとするとちょっと絶望的だった。↓

【Daz Studio4.6】ファスナーのための検証【Marvelous Designer 3】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

でも、ジッパー閉めるのはピンじゃなく、タックでするだろうから、

手数がたくさんなのは変わりない。

でも『タック』のおかげで、ピンより凄く自由度が高まった♪

 

こんな、大規模に、嬉しい改善してくれるソフト、久々だわ♪

というか、前バージョンに、あって当然の機能が無かった、とも言えるけどさ。

 


二つも記事を使って、今日の予定がまったく進んでいないことに気づいた。

しかも、何も進んでない(T_T)

 

 

今日の予定

  1. 『マイフィギア用』の服をうっかり作ってしまった時の対処方法【Daz Studio4.6】
    1. とりあえず、『完成品』にしたくて、ポーズつけた服を書き出してマテリアルつけた。
    2. なので、そのマテリアルをゼロポーズ服に移植する。
  2. 【Daz Studio4 6】マイフィギアに服をセッティングする【動画説明】
    1. アントニオさんのゼロポーズ服は完成。
    2. それをGenesis 2 Male用に縮める。ZBrush 4R6作業。
  3. 【Daz Studio4.6】服を作って着せる時の注意。

 

 

次の記事で!

 

エンジョイ! & サンキュー♪

2014/12/07 12:42

 

この記事がアップされるのは大晦日!

 

良いお年を♪

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。