【D|S】日本刀、歌仙兼定を作る。118【Irayで鞘のマテリアル】

3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するDaz Studioテクスチャ作成マテリアル作成作業記録

この記事は約2分で読めます。

Autodesk Maya 2014で日本刀、歌仙兼定をDaz Studio4.9でセッティングする。

テクスチャはPhotoshopCS6Extendedと、ディスプレイメントとかはZBrush 4R7で作成。

 

 

DAZ3Dで、この日本刀の販売が決定しました♪

是非、あなたのパソコンで見てください。

 

 

 

前記事

【D|S】日本刀、歌仙兼定を作る。117【鞘テクスチャのIray化】 | Create3D-3dCG制作作業日記

シリーズ一覧記事。↓

 


 

関連記事

 

バンプ数値メモ 20161210_00Create3D8330

-4.396126 3.442356 パラメーター設定をいじって、バンプを1000までいじれるようにした。

20161210_00Create3D8335

上から、1000、500,200、100 20161210_00Create3D8331

20161210_00Create3D8332

20161210_00Create3D8334

20161210_00Create3D8333

100、200、500は違うけど、500と1000は差があまりない。

これを3Delightでレンダリングするとこうなる。

20161210_00Create3D8337

なんでデフューズテクスチャが一緒なのに、3Delightが黒くて、Irayが白鞘に見えるのかわかった。

20161210_00Create3D8339

20161210_00Create3D8334

3Delightはリアルに盛り上がってるから、白点の縁がグレーになるけど Irayは擬似的にちょっと影がつくだけだから、その部分が白いママで残るからだ。

つまりは、Iray用テクスチャとして、白丸の縁にグレーが入るように作ればいい。

20161210_00Create3D8340

20161210_00Create3D8341

よし、黒鞘に近づいた。

20161210_00Create3D8342

20161210_00Create3D8343

もう一回りグレーだな。

この粒の、一つ一つにグラデーションを掛けたいんだけど、うまくいかない。

鞘シェルで都合付けた。

20161210_122528

これでいいと思う! 凹凸あるのわかるけど、透明漆で表面つるっとしてるって感じ。

 

UV分割メッシュ書きだしUV転写Daz確認UV仕上げ
刀身~000 
円鍔000 
下緒000 
0n0 s00 
000 
栗型0   
歌仙鍔0   
目貫0   
柄巻0   

シリーズ一覧記事。↓

 


 

関連記事

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2016/12/10 13:27 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。